放っておくと危ないかも…?外壁塗装のリフォーム時期はいつ?

外観を綺麗に魅せる以外の効果もある!

家の外壁の塗装が綺麗だと、家全体が魅力的に見えますよね?やはり塗装には、外観をよくする効果がかなりあります。剥げていたり汚れていると、見た目的に悪いですもんね。しかしその効果以外にもあるんです。それは「家を守る効果」。外壁塗装には、害虫が壁を食べてしまう被害を防ぐ効果もあるんです。家はかなり高額のお買い物ですよね?そのため長年大切にしていきたいものでもあります。長年守るためには、外壁塗装は必須なんですね!

外壁塗装をリフォームする時期は?

外壁塗装をリフォームする時期はいつなのでしょうか?目安になる1つ目は、壁を触ったとき塗装が剥がれるかどうかです。外壁塗装が脆くなってくると、塗料に含まれている油分がなくなって壁から剥がれてきてしまうんです。油分がなくなったら塗装をリフォームする時期!壁を触ってみて確認してみてくださいね。あまり放置しておくと、害虫がすでに壁を食べてしまって、家全体が脆くなってしまっているかもしれませんよ。家を守るためにも是非チェックしましょう!

深刻な状態になる前に、早めにリフォームしよう

塗装がはがれたらリフォームする時期というのを、紹介しました!しかし剥がれる状態までいってからリフォームするとなると、かなり値段が跳ね上がってしまいます。そうなる前に、早めにリフォームをするのをお勧めします。どの状態が早めの段階なのかというと、壁を触ったとき白い粉がついた時です。この白い粉は、塗料の一部。そのため粉がついた時点から、塗装の剥がれが始まっているんですよ。粉が指に付着したらリフォームの時期ですよ!

外壁塗装を千葉ですることができます。一部分のみ施工したい場合でも対応してくれる専門業者が千葉にもあるので、とても便利です。