知っておきたい!「ペット応相談」物件の基礎情報

そもそも「ペット応相談」物件とは?

「ペット応相談」物件は、ペットの種類などの条件が合えば、飼うことを許可するという物件のことです。もともと集合住宅は、騒音や臭いなどの問題があることからペットを飼うことを避ける傾向にあるため、物件数自体はあまり多くありません。しかし、最近のペットブームによってペット応相談の物件も増えていると言われています。建物については、築年数の古い物件が多く、場所については、駅から離れた場所に多いと言われています。またペット応相談の物件は、ペット専用の物件とは違って、同じ建物内でペットを飼っていない人もいるということも大きな特徴だと言えるでしょう。

飼えるペットの条件は?

飼育が可能になるペットの条件は、大家さんの判断基準などによってそれぞれ異なりますが、一般的には、ゲージで飼えるような小動物や、小型犬程度ならOKという場合が多いと言われています。しかし猫の場合は、柱などに爪でひっかきキズを付けてしまうかもしれないといった良くないイメージを持たれている傾向があるため、犬の場合より審査が厳しいと言われています。さらに、犬1頭までとか、猫2匹までといったように数の制限が設けられている場合も多くあります。

費用は高くなってしまうのか?

ペット応相談の物件を借りるときは、通常の場合よりも敷金が高くなるのが一般的です。つまり、ペットを飼うことは、通常の場合と比べて部屋が汚れたりキズが付いたりする可能性が高いため、原状回復費としてあらかじめ敷金が高く設定されているということです。敷金の額については、通常の場合より家賃の1~2ヶ月分高くなるというのが相場です。また、退去時に敷金が全額償却されることを、契約時にあらかじめ取り決めるというケースもあります。

帯広市の賃貸の契約を結ぶタイミングについては、多くの消費者にとって興味深い課題として捉えられています。